question

入居するのに条件はありますか?

原則として、60歳以上であればご入居可能です。60歳未満の場合は、要介護認定もしくは要支援認定を受けている必要があります。また、連帯保証人、身元引受人が必要になります。いらっしゃらない場合はご相談ください。
複数の方と共用スペースをご利用いただくため、共同生活が円満にできる方とさせていただいております。

入居時にどのくらいの費用が必要ですか?

初期費用は0円です。いきがいのまち美里では、入居一時金のみならず、敷金も無料となっています。

体験入居はできますか?

できます。ご入居を検討される方向けに、一泊二日の無料入居体験を実施しています。(16:00~翌10:00)夕食・朝食付きです。
送迎を希望される方は事前にご相談ください。もちろん見学だけでも可能です。

短期間での利用はできますか?

できます。1週間や1ヵ月など、お試しでのご入居にも対応しています。日数分のみ、費用をお支払いください。
例えばご自宅のリフォーム中に、ショートステイのようにご利用していただいたり、特別養護老人ホームの入居待ちとしてご利用いただくことも可能です。

夫婦で入居することはできますか?

可能です。ただし、夫婦部屋のご用意がございませんので、お一人ずつお部屋を契約していただくことになります。
一部屋をご夫婦の寝室に、一部屋を居間として使用していただくことも可能です。

介護が必要でも入居できますか?

自立の方から、要介護状態の方までご入居いただけます。介護を必要とされる場合は、介護職員が適宜対応させていただきます。又、今のお住まいと同じように、ヘルパーやデイサービスを利用できます。

車椅子や寝たきり状態でも入居できますか?

ご入居可能です。建物内はバリアフリーとなっているので、車椅子でも問題ありません。また、寝たきり状態のように生活全般に介護が必要な方でも、24時間専門スタッフが常駐しておりますので、安心して生活することができます。

持病があっても入居できますか?

基本的に次のようになっていますが、個人個人の症状によりますので、まずはご相談ください。
対応可能:バルーンカテーテル、在宅酸素、肝炎、ペースメーカー
要ご相談:透析、糖尿病、褥瘡、ストーマ(人工肛門)
対応不可:胃ろう、痰の吸引、中心静脈栄養、経鼻経管栄養など

認知症でも入居できますか?

まずは、ご本人の心身の状況や生活状況などをお聞きします。そのうえで対応をご相談させていただきます。
ご入居後に認知症になった場合でも、軽度の認知症であれば対応可能です。重度の認知症となった場合、このままサ高住で暮らし続けることがご本人にとって最良の選択とは限りません。ご家族や主治医、ケアマネージャーなどと一緒に最善の策を考えます。
夜間の徘徊や異食など危険をともなう場合や、暴言・暴力行為など他の入居者様へ迷惑がかかる場合などは、残念ながら退去していただくこともございます。

部屋での看取りは可能ですか?

本人様の意向、ご家族の意向、心身の状態、主治医、ケアマネージャーと十分な話し合いをさせていただいた上で、対応(訪問診療、訪問看護、訪問介護などの活用)を検討いたします。

常駐スタッフは何人いますか?

時間帯によって変わります。日中は1人以上、夜間は2人以上が常駐しています。
デイサービスなどへ出かけて人数の減る日中よりも、人数の多い夜間を手厚くしています。

外出や外泊は自由にできますか?

お元気な方であれば、特に制限はありません。施設ではなく「ご自宅」ですので、自由に外出・外泊していただけます。お食事が必要ない場合は、準備の関係がございますので必ず事前にお知らせ下さい。
また、病状や身体の状態によっては、ご家族の同伴が必要な場合がございます。

友人や家族を部屋に呼ぶことはできますか?

部屋への来客も自由です。日中の常識的な時間にお願いいたします。夜間などに来客を迎える必要がある場合は、事前にスタッフへお知らせください。
前日の午前10時までにご予約いただければ、お客さまの分のお食事を追加で用意することも可能です。

食事はどこで作っていますか?

当施設一階の厨房にて調理人が心を込めて作っております。そのため、できたてのあたたかい食事をお召し上がりいただけます。

食事は3食強制ですか?

いいえ、強制ではありません。基本的に1日3食、365日体制となっておりますが、自由にキャンセルすることができます。前日の午前10時までにご連絡ください。

食事の時間を教えてください。

次の通りです。
朝食:7時~、昼食:12時~、夕食:18時~

食事をする場所は決まっていますか?

各階に、共用スペースの食堂がございます。基本的には、できるだけ食堂で召し上がっていただくようお願いしております。他の入居者様と会話をしたり、一緒に食事をとることもリハビリになると考えているからです。
お身体の具合が悪いなどの理由がある場合には、居室へお届けいたします。

併設されているデイサービスを使わなくてはなりませんか?

そんなことはありません。いままでの馴染みのヘルパーさんやケアマネジャーさんを引き続き利用することも可能です。外部のデイサービスなどをご利用いただいてかまいません。
ご希望の場合には、同一建物の一階にある「いきがいのまちデイサービス美里」をご利用ください。

併設のデイサービスについて教えてください。

建物一階に、リハビリに力を入れた「いきがいのまちデイサービス美里」を併設しております。リハビリ専門の国家資格を持ったスタッフの指導の下、日々の日常生活の中で身体機能を維持・向上するためのリハビリを実施していきます。
詳しくはこちらをご覧ください。→いきがいのまちデイサービス美里